酒蔵王手門のこだわり

酒蔵王手門の焼酎づくりには、「妥協」の二文字はありません。

美味しい焼酎をつくり、皆様に喜んで飲んでいただく為だけに集中し、

「理想・発想・情熱」更に、「 制法・技法」を駆使し、究極の焼酎づくりを目指しているからです。

〜素材へのこだわり〜

素材といっても、全てにおいて国産が優れているわけではありません。

商品の持つ特徴や味わいに適した原料(芋・米・麦など)が存在し、その焼酎にとっての“大切な部分”を

見極めてこそ「素材を活かし、味わいをより良いものへと進化させる」ことに繋がります。

〜酒づくりのこだわり〜

当蔵の焼酎づくりの理念に「焼酎は麹や酵母にいる微生物の恩恵」とあります。

酒づくりは人が行うもではなく、あくまで微生物が自ら発酵熟成するのを手助けするにすぎないからです。

特に、もろみにストレスを与えないよう微生物の動きを巧みに読み、

蔵人が心を込めてもろみに「櫂入れ」を行うことで旨味がグッと凝縮されます。

様々な技法・原料でつくられる焼酎にもある共通点があります。

「緊張感を保ちつつ、楽しみながらつくり込む」という先人の言葉にもあるように、

蔵人一人一人が心踊らせながら、お客様の「美味しい」を日々想像し焼酎づくりに励んでいます。

〒889-2401 宮崎県日南市北郷町大藤甲898-8

FAX.0987-21-7727

TEL.0987-21-7717

Copyright (c) 2017  SAKAGURA_OHTEMON.  All  Rights  Reserved